リングピローって何?

このサイトをみるまでリングピローを知らなかったという人は多いんじゃないかと思います。リングピローとは最初にも少しお話ししましたが、指輪をおくクッションの事を言います。実はこれを書いている管理人も最初はリングピローって何?って思っていました。全然知らなかったです。リングピローを知るきっかけとなったのはそれは友人の結婚式だったのです。

結婚式というと指輪の交換はとても神聖なもので必ずと言っていいほどしますよね。その指輪交換の時に指輪を置いている台がとっても可愛かったんです。クマのヌイグルミが二つオスのクマとメスのクマが土台にのってお互いに向き合っていて、その手には指輪がそれぞれはめられていたんです。

普通なら「指輪どんなものかなぁ〜」「いくらしたのかなぁ」なんて指輪に気を取られるはずなんですが、なんだか指輪をおいているその台が管理人は気になって気になって、あとからその友人に聞いてみたのです。そこで初めてリングピローというものを知りました。しかもその友人のリングピローは手作りだったのです。最近では式場のプランにリングピローを用意されていることがほとんどで、自分で手作りで式場に持ち込むことも出来るんだそうですょ。

リングピローというとデザインや色、形などが豊富にあって、種類もいくつかあります。

サテンシリーズのリングピロー
先ずよく使われているリングピローが、ウェディングドレスなどに使われている生地のリングピローです。サテンシリーズとも言いますが、シンプルなリングピローで神聖な結婚式にはぴったりです。シンプルにこだわりたい人はこのサテンシリーズのリングピローがいいかもしれませんね。また、ちょっとした刺繍をして少しアレンジしてみるのもいいかもしれませんね。次に和風のリングピローもあります。もともとリングピローはチャペルでの結婚式で利用されることが多かったのですが、最近ではこの和風のリングピローなどもチャペルなどでも利用する人が多くなってきていて人気が出てきているようです。和風のリングピローの多くはギフトとして親やおばあちゃんなどから贈られることが多く、思い出として利用するひとも沢山いるようです。
動物のリングピロー
次に動物のリングピローです。私の友人の結婚式のリングピローもクマで作られていたというお話をしましたが、他にもいろんな動物のリングピローはありますが、やっぱり人気なのはクマのようです。動物のリングピローは手作りで作られることが多く、以外と簡単そうに見えますが、これがとても時間がかかる大仕事なんです。私の友人も作るのに1週間ほどかかったと言っていました。私も一度試した事があるんですが、なかなかクマとクマの下の土台がくっつかないんですよね。くっついた!とおもったらなんだか安定感がないし・・・。ごちゃごちゃだし・・。途中で諦めてしまいましたね・・・。でも、諦めた後も気になって気になって最後まで作ることできましたが・・・。管理人は超がつくほど不器用なもので・・・・。

でも、縫い物が好き!可愛い物が好き!という人は、作ってみる価値ありだと思います。きっといい結婚式を演出出来ると思いますょッ!必ず結婚式ってわけでもないですょ!お部屋の飾りとしておくのも可愛いですょ!誕生日の贈り物なんかにもいいかもしれないですね。

リングピローは使い捨て?

リングピローを使うのは結婚式の1回だけ?使い捨て?いぃぇ!そうではないんです。捨てちゃうなんて勿体ないですよね。もちろん結婚式の後でも使い方はいろいろあります。

洗い物をするのに指輪が濡れちゃうと困る・・・。なくすと困る・・。なんて人は結婚式に使ったリングピローに指輪を置いておく事も出来ます。また、誰か知っている人が結婚をするときに譲ってあげるなんてこととも出来ます。その使い方は人それぞれですが、調べてみるとクッションタイプのリングピローの場合、リングピローは訳すと指輪の枕なんて呼ばれています。

今のいろんな形になるまでのリングピローは枕を小さくしたクッションくらいの大きさの物だったらしく、ふたりの赤ちゃんが生まれた時に最初に寝るときにこのリングピローを枕にして使って寝かせると、幸せを運んでくれるなんて伝説があるそうです。今ある幸せをさらにもっとこのリングピローで幸せを運んでくれると思うとなんだかいいですょね〜。

あぁ〜他の人の幸せな姿ばかりをみてきている管理人はなんだか切なくなりますね・・・(泣)管理人にも早く幸せがやってこないかなぁ〜なんて思っているこの頃です(笑)リングピローを使う日はいつやってくるのでしょ・・・・・。(T_T)/”

pickup

Last update:2015/3/10